レーザー脱毛の脱毛後の過ごしかたについて

レーザー脱毛を受けた後は、肌も敏感な状態になっています。

脱毛後の過ごし方についてはしっかりと抑えておくべきでしょう。



まず、レーザー脱毛後は肌がかなり敏感になっています。
ですので、ちょっとした体温上昇により血流が良くなると肌にかゆみを感じたり赤みが出るようになります。
体温を上昇させるような活動、例えば運動や温泉、アルコールの摂取などはなるべく避けるようにしておかなければなりません。
また、レーザー脱毛の脱毛後は肌も敏感となりひりひりしている状態です。

病院からは脱毛後の事を考え軟膏剤をや炎症止めを渡されることがあるでしょう。

処方された場合はしっかりと指定どおりに1,2塗布して肌の負担を軽減させましょう。



万が一、これを怠れば強い赤み、湿疹、水ぶくれなど症状などが起こりえます。

もしも、怒った場合にはしっかりと施術を受けた病院に連絡をして対応してもらうようにしましょう。

また、脱毛後は肌が乾燥し安くなります。乾燥していると、肌が硬くなってしまい、ボロボロなる可能性があります。


その他、埋もれ毛などの原因となりかねません。


脱毛後しばらくは保湿を心がけて肌の乾燥を防ぐようにしましょう。


レーザー脱毛の施術後はこの様にたくさんの注意すべき事項があり、体温の上昇の防止、乾燥の防止、病院から渡されたお薬の塗布などアフターケアをしっかりとしなければなりません。

病院によってはアフターケアに注意すべき期間も説明されるでしょう。