黒ずみに注意したいレーザー脱毛

レーザー脱毛は、黒い色に反応するレーザーの光の特徴を生かした脱毛法です。
波長が長いことから肌にレーザーの光を当てても皮膚を通り越して奥にある毛の生える組織に作用しますが、レーザー脱毛器と肌の間に黒いものが挟まった状態で光を照射してしまうと熱が黒に反応して皮膚がやけどをしてしまったり激しい痛みが発生する恐れもあります。

レーザー脱毛施術を受ける前にはむだ毛の剃り残しがないようにしっかりと除毛処理をしてから来店するようにします。また、皮膚の表面に黒ずみなどがあった場合には安全性を考えてその部分は避けて行われることがあります。



黒ずみの他にも、ほくろや色の濃いシミ、タトゥーが入った場所も同様にその周辺は行われません。
しかし、体の中でも色素が沈着して黒ずみがちな部分もあり、とくに肛門回りを指すOラインは注意しなければなりません。



レーザー脱毛は医師のいる医療機関でのみ行われている脱毛法でもあるので、黒ずみがちな部分には痛みが発生する可能性も考えて麻酔処理をしてもらうことができます。
麻酔は、痛みが発生してから処置してもらうこともできますが、あらかじめ反応しそうな部位には医師から指導が入り先に処置してもらうこともできます。



注射での麻酔注入ではなく皮膚に塗るタイプの麻酔が用意されているので、注射針を刺す新たな痛みもありません。

施術料金とは別に麻酔料金が加算になりますが、安心して脱毛を行うことができます。